リレーサーバーのメール配信

###Site Name###

かつてリレーサーバーのメール配信については問題性を含んでいました。

元来メール配信の元になったのはパソコン通信で、通信会社に設置されたサーバーを介して会員同士でメールのやり取りが行われていました。その内に他の通信会社間とも繋がって通信できるようになりました。

そしてインターネットが発達するに従って、他の会社からメールも配信できるようになると、どこから発信されたのか分からないような迷惑メールが送られるようになりました。
しかし発信元を特定することは当時は難しい状態でした。このような事態に陥らない為、放置することに反対する監視団体はメールを受信しない設定にすることを薦めました。
リレーサーバーに関しては同一プロバイダー内や企業内部の社内LANなどは制限をかけることができますが、それ以外の場合はメールの送信前に受信の操作を行ってユーザー認証を行い、一定時間以内なら送信が可能な状態にしておくPOP before SMTPという方式と、メールの送信時に直接ユーザー認証を行うSMTP-AUTH方式という2つの方式を併用するようになりました。

このことでリレーサーバーは別契約のメールサーバーのあるプロバイダーや企業LANとの接続を許す場合などには有効と見られています。

メール配信には通常POP3を使い、メールボックスを開く場合にIDとパスワードを要求されますので問題なく、又、メール送信についてはSMTPを使うのでいちいち確認は要らないのでIDやパスワードの入力は不要となっています。

http://www.tuis.ac.jp/game-application/
http://superwifi.rakuten.co.jp/
http://matome.naver.jp/odai/2135875428778458101